トイレナビ

研究

研究など

衛生器具

一般社団法人日本レストルーム工業会では、衛生陶器に関する様々な取り組みを行っています。
ここでは関東学院大学 建築・環境学部 大塚研究室(*1)で行われた2020年度空気調和・衛生工学会発表論文を参考に紹介します。

(*1) 関東学院大学 建築・環境学部 大塚研究室リンク

【共通の実験条件】

■供試大便器:洗い落し式タンク密結型大便器、大洗浄水量4.8L、
       器具平均排水流量qd値0.85L/s、最大器具排水流量qmax値1.14L/s
■配管径:75A(透明管)
■代用汚物
分類 概要 定義 坪量
[g/m2]
質量
[g]
含水質量
[g]
BL 平置き型トイレットペーパー
0.9m×4枚
(シングル仕様)
べターリビング基準の
一般的負荷条件。
17.8 7.3 167.5
D 平置き型トイレットペーパー
1.0m×6枚
(シングル仕様)
ベターリビング基準(BL)の
約1.7倍の負荷条件。
17.8 12.2 168.9
※ベターリビング BLT WC:2020 基準

※実験は限られた条件のため、設定の差異により結果は異なります。

① 配管勾配による搬送実験

排水管の勾配は1/100よりも1/50をおすすめします。
⇒ 汚物は勾配によって搬送されていきます。以下の実験結果を参照下さい。


■継手種類

(1) DL継手
(90° エルボ)


■モデル配管

【実験結果】

繰り返し5回の平均搬送距離

ページ上部へ

② 排水エルボ有無による搬送実験

排水エルボの数はできるだけ少なくなることをおすすめします。
⇒ エルボにおける抵抗で搬送の勢いは低下します。以下の実験結果を参照下さい。


■継手種類

(1) DL継手
(90° エルボ)

(2) LL継手
(90° 大曲りエルボ)

■配管勾配:1/100
■配管形状:ストレートおよび等間隔曲り配管(配管長6m)

【実験結果】

繰り返し5回の実験結果

配管
形態
継手
形状
代用
汚物
搬送距離
[m]
直管 ── BL 6.00
D 5.50
曲がり DL BL 5.47
D 4.00
LL BL 6.00
D 5.17

ページ上部へ

③ 排水エルボの大小による搬送実験

排水エルボは小曲りではなく大曲りをおすすめします。
⇒ 小曲りは大曲りより搬送抵抗が大きいためです。以下の実験結果を参照下さい。


■継手種類

(1) DL継手
(90° エルボ)

(2) LL継手
(90° 大曲りエルボ)

■配管勾配:1/100

【実験結果】

■モデル配管①:6m、5曲り

繰り返し5回の実験結果

継手
形状
代用
汚物
搬送距離
[m]
DL BL 3.72
D 2.97
LL BL 6.00
D 4.14

■モデル配管②:8m、4曲り

繰り返し5回の実験結果

継手
形状
代用
汚物
搬送距離
[m]
DL BL 7.18
D 3.17
LL BL 7.59
D 6.96

ページ上部へ

④ 第一曲がりの位置による流れ方の違い

便器直下の曲がりから次の曲がりまでの距離は1ⅿ以上確保することをおすすめします。
⇒ 次の曲がりまでの距離が短いと、排出された洗浄水の勢いが強く、曲がりの壁面を駆け上がりスムーズに流れていかなくなります。便器直下の曲がりから次の曲がりまでの距離の影響を動画でご確認下さい。

■下記の動画は、曲がりの位置の違いによる洗浄水の状態をハイスピードカメラで撮影し、比較した動画になります。

【曲り位置0.5mの写真】

【曲り位置1.5mの写真】

【曲り位置0.5mの動画】

【曲り位置1.5mの動画】

ページ上部へ