トイレナビ

工業会について

一般社団法人日本レストルーム工業会

会長挨拶

平成27年4月、「一般社団法人 日本衛生設備機器工業会」と「一般社団法人 温水洗浄便座工業会」が合併し、新しく「一般社団 法人日本レストルーム工業会」に生まれ変わりました。

日本では、多くの海外の人たちが訪れる時代に変わってきています。様々な公共施設などで、日本のトイレを体感する人たちが増えて行きます。

このような変化に対応すべく、日本レストルーム工業会では、国内需要喚起はもとより、日本のレストルーム空間の質の向上にむけ、これまで取り組んできた「安心・安全」「省エネ・節水」を継続しながら、日本が誇る「きれいトイレ文化」を世界中の人たちに発信し、おもてなしの一環として貢献するとともに、技術的な課題の解決に積極的に取り組んでまいります。

当工業会に課された使命や役割を認識し、会員各社はじめ、関係省庁・関係団体の皆様と連携しながら、レストルーム業界の持続的な発展を通じて、世界中の人たちの生活文化向上により一層貢献してまいります。より一層のご支援とご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

2015年4月
一般社団法人 日本レストルーム工業会
会長 喜多村 円

ページ上部へ

設立経緯

(一社)日本レストルーム工業会は2015(平成27)年4月より(一社)日本衛生設備機器工業会と(一社)温水洗浄便座工業会が合併し、トイレ・洗面室等、水まわりにかかわる設備機器を対象とした事業を実施する組織に再編し新たにスタートしました。

(一社)日本衛生設備機器工業会は1948(昭和23)年「日本衛生陶器工業協会」として設立され、その後1964(昭和39)年7月、輸出向けバスルームアクセサリーの調整事業を主目的として中小企業団体法に基づき「日本衛生陶器工業組合」を発足しました。
さらに時代とともに消費者ニーズの多様化、個性化、高級化など住環境の著しい変化に対応し、1985(昭和60)年6月には「日本衛生設備機器工業会」に、2012(平成24)年には一般社団法人に移行しました。

一方、温水洗浄便座が1967(昭和42)年に国産製品として初めて市場に投入されて以来、日本人の清潔志向を背景に順調に普及し、2002(平成14)年には世帯普及率が50%、2013(平成25)年には75%を超えるまでになりました。
こうした普及率の高まりを背景に、地球環境問題の視点からは温水洗浄便座も省エネルギー対策やリサイクル等に積極的に取組む必要があり、経済産業省の指導のもと、温水洗浄便座の生産事業を営む10社により、2001(平成13)年4月に「温水洗浄便座協議会」が設立され、その後2012(平成24)年には一般社団法人に移行、名称も「(一社)温水洗浄便座工業会」に変更しました。

ページ上部へ

ビジョン及び事業案内

ビジョン

業界が持続的に成長し高品質で安全安心な製品を提供し続けることによってお客様とのさらなる良好な関係を築いてまいります。

理念

レストルーム業界の持続的な発展を通じて、世界中の人たちの生活文化向上に貢献します。

ビジョン

世界中の人たちに、安全で使いやすく環境にやさしい快適なレストルーム空間を提供します。
そのために、
1.<安全・安心>製品の安全性をさらに向上させ、適切な使用方法を広めます。
2.<環境貢献>地球温暖化をはじめとする環境問題解決のため、地球にやさしいモノづくりを目指します。
3.<国際貢献>製品の国際標準化を進め、海外でのさらなる普及を図ります。

事業概要
  • (1)衛生設備機器の生産、流通、消費及び貿易の振興に関する対策の確立及びその推進
  • (2)衛生設備機器の普及及び各種啓発に関する諸対策の推進
  • (3)衛生設備機器に関する各種規格、基準等の策定及び関連事業の推進
  • (4)衛生設備機器の維持管理に関する調査・研究及び関連事業の推進
  • (5)衛生設備機器の環境に関する調査・研究及び関連事業の推進
  • (6)衛生設備機器の製品安全に関する調査・研究及び関連事業の推進
  • (7)衛生設備機器に関する関係官庁、関係機関等に対する意見具申及び答申
  • (8)前各号に掲げるもののほか、当法人の目的を達成するために必要な事業

ページ上部へ

役員及び組織図

役員(平成25年度)

(平成28年6月16日)

役名 氏名 会社名 役職
会長 喜多村 円 TOTO株式会社 代表取締役 社長執行役員
副会長 有代 匡 株式会社LIXIL 副社長執行役員
LIXIL Water Technology Japan CEO
副会長 山川 芳範 ジャニス工業株式会社 代表取締役社長
専務理事 天池 洋一 一般社団法人 
日本レストルーム工業会
理事 町元 孝二 アサヒ衛陶株式会社 代表取締役社長
理事 山田 昌司 パナソニック株式会社 パナソニック㈱ 役員
エコソリューションズ社 副社長
ハウジングシステム事業部長
理事 弘田 泉生 パナソニック株式会社 アプライアンス社
ランドリー・クリーナー事業部
トワレ・電気暖房事業総括
理事 廣瀬 隆久 アイシン精機株式会社 専務役員 L&E商品本部長
監事 西岡 利明 株式会社三栄水栓製作所 代表取締役社長
監事 千田 一臣 東芝ライフスタイル株式会社 HA第三事業部 事業部長
組織

運営委員会 理事会の委嘱を受け専門委員会の上位組織として工業会の統括運営を行う。
広報委員会 レストルームの価値を、広く社会やお客様に訴求する。
標準化委員会 衛生器具
標準化部会
衛生器具(大便器等)に関わる国内および国際標準化を推進する。
温水洗浄便座
標準化部会
温水洗浄便座等に関わる国内および国際標準化を推進する。
ユニバーサル
デザイン部会
ユニバーサルデザインに関する国内外の標準化を推進すると共に、諸課題解決を推進する。
技術委員会 衛生器具
技術部会
衛生器具(大便器等)に関する技術的課題の解決を推進する。
温水洗浄便座
技術部会
温水洗浄便座等に関する維持管理等の技術的課題解決を推進する。
環境委員会 温水洗浄便座等の省エネ化施策を企画推進し、省エネ法等への対応を行う。
製品安全委員会 温水洗浄便座等の安全・安心施策を企画推進し、製品事故防止に努める。
日本のトイレおもてなしPJ 訪日外国人の公共トイレにおける温水洗浄便座等の利用支援策を検討する。
国際規格WG 温水洗浄便座の国際規格化を推進し、同製品の国際的な普及を図る。

ページ上部へ

会員一覧

「巧水(たくみ)スタイル」をキーワードに、産学官の連携による「巧水(たくみ)スタイル推進チームを結成。
水を大切にする意識の向上を図るとともに、節水機器・節水型ライフスタイル普及に向けての取り組みを積極的に推進するために活動しています。

アクセス

リンク

当サイトはリンクフリーです。
ウェブページにトイレナビへのリンクをご希望の方は、下のロゴをお使いください。

リンク

バナー(230×60px)