トイレナビ

トイレでエコ

温水洗浄便座の省エネ

温水洗浄便座とは、「温水でおしりを洗浄する機能を有した便座」のことです。
内閣府の調査結果(平成28年3月)によると普及率は80%を超え、多くのご家庭で使用されています。省エネ性能に優れた温水洗浄便座は、電気料金がおトクになるだけでなくCO2削減にも繋がります。
ここでは、温水洗浄便座の省エネと上手な選び方・使い方について紹介します。

省エネが進む温水洗浄便座

温水洗浄便座の普及率の比較

内閣府の調査結果(平成28年3月)によると世帯普及率は80%を超え、デジタルカメラ、パソコンよりも普及率が高くなっています。

■温水洗浄便座の普及率の比較

※出典 内閣府消費動向調査(二人以上の世帯)

温水洗浄便座のエネルギー消費量

ご家庭にある製品の中でも見過ごされがちな温水洗浄便座。
温水洗浄便座の消費電力は、各社省エネ技術が進み、最新の製品では、便座や温水を使う時だけ瞬間的に暖めることで、省エネ性能を高めている製品が発売されております。

■家庭における機器別エネルギー消費量の内訳について 2009年(平成21年)

出典:資源エネルギー庁 省エネポータルサイト(一般向け)「家庭のエネルギー消費の実態」より
総合資源エネルギー調査会省エネルギー基準部会(第17回)
資料「参考資料1 トップランナー基準の現状等について」より作成

ページ上部へ

温水洗浄便座の種類

温水洗浄便座には洗浄水を温める方式が2種類あります。

貯湯式

タンクの中の水をヒーターで温める方式で、一度にたっぷりの温水で洗浄することができますが、温水を保温するための電力が必要となります。

貯湯式

タンクがなく、使用の度に水を瞬間湯沸器で温めます。温水を保温する電力は不要のため、"貯湯式"より消費電力は小さくなりますが、温水の量が限られます。また瞬間的に大きな電力を必要とします。

年間消費電力や電気料金の違いを比べてみましょう

年間消費電力量の比較

年間消費電力量とは、温水洗浄便座を家庭での平均的な方法で使用したときの1年間に消費する電力量です。

■2005年(平成17年)の温水洗浄便座(貯湯式/瞬間式)と最新の温水洗浄便座の比較

電気代の目安

※経済産業省 省エネルギー庁 省エネ性能カタログ2015年冬版掲載の年間消費電力量に基づき、新電力料金目安単価を27円/kWh(8%税込)として試算しています。
(電力会社ならびにご家庭の使用電力によって異なります)
※省エネ達成率100%以上の製品を対象としています。

ページ上部へ

各社技術開発を進め、2012年度の省エネ達成基準をクリアした商品をラインナップ。

温水洗浄便座の最新情報は、各社のサイトにてご覧いただけます。

  • アサヒ衛陶株式会社
  • 株式会社LIXIL
  • ジャニス工業株式会社
  • 株式会社TOTO
  • パナソニック株式会社
  • 株式会社三栄水栓製作所
  • 東芝ホームアプライアンス株式会社