トイレナビ

トイレでエコ

大便器の節水・CO2削減

トイレが地球を救う!?
洗浄水量13リットルの便器をお使いのご家庭で、洗浄水量6リットルの節水型便器に交換した場合、節水量から換算されるCO2削減量は、年間約26.7kgになります。

つまり、洗浄水量の少ない最新型の便器に交換するだけで、「節水」だけでなく、「CO2」削減につながる「エコライフ活動」を行っていることになります。

ご存知ですか。ご家庭内で利用される水道水の使用実態

東京都水道局 平成24年度 
一般家庭水使用目的別実態調査

左のグラフはご家庭での水の使われ方を示したものです。
トイレでの水使用は風呂に次いで2番目に多くなっています。
これは平成24年度の東京都水道局の調査によるものですが、同じく平成24年の当工業会調査による節水トイレの普及率は13%と推定されており、まだまだ普及は進んでいません。
節水トイレの普及が進むことで、まだまだ水の使用量を少なくすることができ、環境に優しい社会の実現に近づくことになります。ニュースリリース「節水トイレの累計出荷台数が1,000万台を突破」(2012年11月)

ページ上部へ

節水便器は家計にもやさしい。年間約12,000円以上の節約に!

※洗浄水量について各社の洗浄水量が多少異なるため、標準的なモデルとして、8リットル便器:大8リットル・小6リットル、6リットル便器:大6リットル・小:5リットル、で算出しております。※グラフの算出条件4人家族(男2人、女2人)/1日大1回、小3回
(省エネ防犯推進委員会「省エネ防犯住宅推進アプローチブック」より)

1970年には13リットルだったトイレの洗浄水量は、1990年には8リットルに、2006年以降、工業会加盟各社より発売された住宅用便器の多くは、6リットル以下の節水便器になりました。 工業会の出荷数量から推測すると、多くのご家庭では、1970年代から主流となった13リットル便器が使用されているという結果が見えてきます。

6リットルの節水便器を13リットル便器と比較した場合、節水効果は約60%。

減らせるのは使用水量だけではありません。4人家族の場合、年間約45,260リットルを節水できますから、水道代は年間で約12,000円の節約になります。※金額試算:東京都水道局265円/㎥(下水道料金込)

注意:間違った節水方法は便器の故障や不具合の原因になります!

タンクの中に異物をいれる

  • ・ハンドルのチェーン部に異物が引っかかり、洗浄できない、水が止まらない
  • ・レンガやビール瓶などのような硬いものを陶器タンクの中に入れると、陶器自体が破損する恐れがある
  • ・ペットボトルは水に浮くため、ハンドル・排水器具に接触し、内部部品の動作を阻害する恐れがある

便器から排出された後の汚物は、地中の下水配管に辿り着きます。下水道本管までの枝管が長い場合、洗浄水量を少なくしたことで排水管のつまりを招き、下水の「逆流」を引き起こしかねません。

近年、各社より発売されている節水6リットル便器は、6リットルで基準をクリアするように設計・開発された商品です。 お客様独自の節水方法を試すよりも効果的な節水が実現できる商品となっております。

ページ上部へ

なぜ、節水することがCO2削減になるのでしょうか。

皆さんが、普段何気なく使用している水道水は、浄水場で飲用できるように処理されます。
また、家庭で使用した水は、下水道を通り、処理場でキレイにして河川に戻します。
この2つの処理を行う時に使用する電力。

つまり、ご家庭で使用する水道水の量を減らすことで、「節水」⇒「節電」⇒「CO2削減」になります。

すべての住宅の便器(※)が6リットルになったら?

※公共施設やオフィスなど非住宅のトイレを含めない数字。

すべての便器(※)が6リットルになったら?

※公共施設やオフィスなど非住宅のトイレも含めた数字。

ページ上部へ

トイレの最新情報は、各社のサイトにてご覧いただけます。

  • アサヒ衛陶株式会社
  • 株式会社LIXIL
  • ジャニス工業株式会社
  • 株式会社TOTO
  • パナソニック株式会社