トイレナビ

統計・資料

研究など

温水洗浄便座の使用と痔疾、泌尿生殖器感染症との関係:3年間追跡web調査

研究名: 温水洗浄便座の使用と痔疾、泌尿生殖器感染症との関係:3年間追跡web調査
研究機関: 慶應義塾大学
研究代表者 慶應義塾大学医学部衛生学公衆衛生学名誉教授 大前 和幸
研究責任者 東邦大学医学部社会医学講座衛生学分野准教授 朝倉 敬子
目的: 温水洗浄便座の使用と痔疾および泌尿生殖器感染症の関係について調査する
方法: web調査会社登録約100万人の中からランダムに抽出された10,305名を対象に2013年2月 ベースライン調査を実施。その後、1年後追跡調査(2014年2月)、3年後追跡調査(2016年2月)を実施し、3年間の時間縦断的調査を行なった。調査では自記式質問票を用い、温水洗浄便座の使用状況に加え、痔疾、肛門周囲の搔痒感、膀胱炎、腎盂腎炎、カンジダ腟炎、細菌性腟炎、外陰部搔痒症の診断と症状の自覚について質問し、温水洗浄便座の使用との関連を検討した。膀胱炎以下の疾患については、女性のみから回答を得た。統計解析には、ポアソン回帰分析を用いた。
結果: ベースライン調査と追跡調査に参加し、有効回答を得られた解析対象者数は7759名であった。温水洗浄便座使用者は3,889名(全対象者中50.1%)、非使用者は3,870名(49.9%)であり、使用者の割合は、男性で51.8%、女性で48.5%であった。痔疾の診断、痔疾の自覚、肛門周囲の搔痒感自覚について、全ての既往リスク比は、使用者において既往者の割合が有意に高いことを示した。一方、新規発症に関しては、交絡因子調整後の新規発症リスク比が肛門周囲搔痒感においてのみ、男性使用者で症状の新規自覚者が有意に多いことを示した。(リスク比1.36、95%信頼区間 (1.06-1.75)) その他の新規発症リスク比は使用者・非使用者間の有意差を示さなかった。
 女性の泌尿生殖器感染症に関する解析では、膀胱炎については診断・自覚とも使用者で調整既往リスク比が1よりも有意に高かったが(診断 1.20 (1.09-1.33)、自覚 1.18 (1.08-1.29))、新規発症リスク比は、使用者・非使用者間の有意差を示さなかった。腎盂腎炎の粗既往リスク比(診断、自覚ともに)は使用者において既往者の割合が有意に高いことを示したが、交絡因子の調整を行うと使用者・非使用者間の有意差は認められなくなった。腎盂腎炎の新規発症と温水洗浄便座の使用には関連は認められなかった。カンジダ腟炎の診断、自覚に関しても、使用者においてカンジダ腟炎の既往が有意に多いことを調整既往リスク比が示したが、調整新規発症リスク比からは使用者・非使用者間の新規自覚・発症率に有意差は認められなかった。細菌性腟症、外陰部掻痒症についてはどのリスク比も使用者・非使用者間の有意差を示さなかった。
考察: 泌尿生殖器感染症の新規発症に対する、温水洗浄便座使用の影響は認められなかった。既往に関しては温水洗浄便座使用者で既往者が多かったが、因果の逆転の可能性が考えられた。痔疾についても新規発症に対する温水洗浄便座使用の影響は認められなかったものの、男性において温水洗浄便座使用者で肛門周囲搔痒感の新規発症者が多かった。有症者においてどのような使用がなされていたかのさらなる確認が必要であるが、高頻度、長時間、高水圧での使用は避けるべきである可能性がある。
掲載: 学術論文はEpidemiology and Infection Volume 146, Issue 6 April 2018 , pp. 763-770 に掲載
詳細はこちら(外部サイト)をご覧ください。

■温水洗浄便座の使用と痔症、泌尿生殖器感染症との関連

グラフ1 痔症に関する調整新規発症リスク比<男・女>

温水洗浄便座の使用と各疾病との関連を調べるには、温水洗浄便座以外で影響を及ぼしそうな因子(喫煙、月経、便秘など)についても考慮して条件をそろえる必要があります。その結果を示すのが「調整リスク比」です。リスク比が「1」とは、基準グループ(温水洗浄便座非使用者群)と比較グループ(温水洗浄便座使用者群)の間で、ある事柄が起こる起こりやすさに差がないことを示します。今回は、既往リスク比(研究開始前にある疾患に罹ったことがあるかどうかについてのリスク比)新規発症リスク比(3年間の研究期間中に、ある疾患に新たに罹ったかどうかについてのリスク比)の2種類を検討しています。
 グラフ1に、痔疾に関する調整新規発症リスク比の結果を示します。これは、追跡調査期間中に新規に痔の診断や自覚、肛門周囲の搔痒感があったことと温水洗浄便座使用の影響を調べた結果ですが、痔の診断自覚について関連が見られないことを示しています。肛門周囲の搔痒感については男性で関連が見られます。

グラフ2 泌尿生殖器感染症に関する調整新規発症リスク比<女性のみ>

グラフ2に、女性の膀胱炎、腎盂腎炎、カンジダ腟炎、細菌性腟炎、外陰部搔痒症について調整新規発症リスク比を示していますが、いずれも温水洗浄便座使用との関連が見られない結果となっています。

ページ上部へ