トイレナビ

統計・資料

規格・基準

JIS A 5207(衛生器具 - 便器・洗面器類)改正について2014年12月22日に改正されたJIS A 5207(衛生器具 - 便器・洗面器類)について、ご紹介します。

JIS A 5207改正内容

全体フレームの見直し

従来、大項目で"性能"、"試験方法"と内容別に分類していたものを、今回、"大便器性能"、"小便器性能"など、器具別に分類され、よりわかりやすくなりました。

■JIS A 5207:2014 フレーム

適用範囲
   
引用規格
   
用語及び定義
   
種類
   
性能
大便器性能
洗浄性能(小洗浄追加)
排出性能
水封性能(機械式排出機構便器含む)
耐漏水性能
耐漏気性能
防露性能
耐荷重性能
小便器性能
洗浄性能(小洗浄追加)
排出性能
水封性能
耐漏水性能
耐漏気性能
洗面器性能
耐荷重
形状寸法
   
材料
   
試験方法
大便器性能試験
洗浄試験(小洗浄追加)
排出試験
水封試験(機械式排出機構便器含む)
耐漏水試験
耐漏気試験
防露試験
小便器性能試験
洗浄試験(小洗浄追加)
排出試験
水封試験(機械式排出機構便器含む)
耐漏水試験
耐漏気試験
洗面器性能試験
耐荷重試験
検査
   
表示
   
注意事項
   

JIS A 5207フレームの新旧比較表

ページ上部へ

性能追加

市場における要求性能を踏まえ、大便器の性能に小洗浄性能・防露性能・耐荷重性能(壁掛)が追加、洗面器に耐荷重性能が追加されました。

種類 規定内容
<大便器>

小洗浄排出性能タンク式及び専用洗浄弁式大便器は、8.2.1.2 d)3)によって試験を行ったとき、8.2.1.2 b)の代用汚物Cを完全に便器外に排出しなければならない。
防露性能防露便器は、8.2.1.6によって試験を行ったとき、結露水が床に滴下してはならない。
小洗浄りゅう(溜)水入れ替わり性能タンク式及び専用洗浄弁式大便器は、8.2.1.2 d)4)によって試験を行ったとき、りゅう(溜)水の入れ替わり率が95%以上でなければならない。
壁掛大便器の耐荷重壁掛大便器は、8.2.1.8によって試験を行ったとき、破損してはならない。
<洗面器>

洗面器及び手洗器の耐荷重洗面器及び手洗器は、8.2.3によって耐荷重試験を行ったとき、破損してはならない。

ページ上部へ

大便器区分の見直し
2014年改正のJIS区分

■区分の整理

区分がマトリックス形式となり利用者にわかりやすくなりました。

種類 種類の名称 記号
給水方式 設置形態 排水方向 洗浄方式 一般形 節水I形 節水II形
大便器 タンク式 床置 床排水 洗落とし C1200 C1200R C1200S
サイホン C1210 C1210R C1210S
壁排水 洗落とし C1201R C1201S
サイホン C1211S
壁掛 壁排水 洗落とし
サイホン
洗浄弁式 床置 床排水 洗落とし C710 C710R C710S
サイホン C910 C910R C910S
壁排水 洗落とし C730 C730R C730S
サイホン
壁掛 壁排水 洗落とし C1610S
サイホン C1810R
専用
洗浄弁式
床置 床排水 洗落とし C610S
(C610SM)
サイホン C810S
壁排水 洗落とし C630S
(C630SM)
サイホン C830S
壁掛 壁排水 洗落とし
サイホン
幼児用 C760 C760R C760S
高座面※ C1111 C1111R C1111S

※名称の変更:身障者用→高座面
近年、身障者用トイレが多機能トイレとして整備され様々な利用者が使用するようになりました。よって、利用者や用途を限定する表現から客観的な形状を示す名称になりました。

大便器区分の新旧比較表

■専用洗浄弁式の区分独立

市場において、これまで洗浄弁式(フラッシュバルブ式)に含まれていた専用洗浄弁式(タンクレス便器)の認知が進んでいることから、新たに"専用洗浄弁式"として区分されました。

  <洗浄弁式> <タンク式>
改正前
 
  <洗浄弁式> <専用洗浄弁式> <タンク式>
改正後
 
給水装置としてフラッシュバルブを使用する便器
給水装置として専用の給水装置を使用する便器
給水装置としてタンクを使用する便器

■和風便器の区分廃止、並びに洗浄用タンクの区分廃止

需要が減少していることから、和風便器と洗浄用タンクの区分が廃止されました。なお、和風便器の性能及び試験方法が本文から附属書(参考)に移動されました。

ページ上部へ

小便器区分の見直し
2014年のJIS新区分
種類 種類の名称 記号
給水方式 設置形態 サイズ 一般形
小便器 洗浄弁式 床置 U510
U511
壁掛 U520
U521
専用
洗浄弁式
床置 U610
壁掛 U620

小便器区分の新旧比較表

■専用洗浄弁式区分新設

市場で認知が進んでいることから専用洗浄弁式(自動洗浄小便器など)の区分が新設されました。

  <洗浄弁式>  
改正前  
   
  <洗浄弁式> <専用洗浄弁式 ※新設>
改正後

■小便器のトラップ区分廃止と統合

 

需要が減少していることから、トラップなし小便器の区分が廃止されました。
またトラップ付が一般的となりトラップとしての機能が同じトラップ内蔵とトラップ着脱を区分する必要がなくなったため、トラップ内蔵、トラップ着脱の区分も廃止し統合されました。

  <トラップなし> <トラップ内蔵> <トラップ着脱>
改正前
 
トラップのないタイプ
固定トラップが小便器に内蔵されているタイプ
トラップの構造部材が小便器から着脱できるタイプ
 
改正後
廃止
区分を廃止し、統合

ページ上部へ

洗面器・手洗器区分の見直し
2014年のJIS新区分
種類 種類の名称 記号
用途 サイズ
洗面器 一般 L410
L420
身体障害者用 L511
手洗器 一般 L710
L730

洗面器・手洗器区分の新旧比較表

■隅付洗面器、隅付手洗器の区分廃止

需要が減少している隅付洗面器及び隅付手洗器の区分が廃止されました。

  <平付洗面器・平付手洗器> <隅付洗面器・隅付手洗器>
改正前
 
  <洗面器・手洗器> 廃止
改正後  

ページ上部へ