日本のトイレ事情トイレの種類と使い方

基本的には和式トイレ、洋式トイレ、多機能トイレの3種類があり、場所により様式が異なります。
和式は観光地などに多く、現在は利用者のニーズをもとに洋式トイレ化が進められています。

01交通施設・商業施設等のトイレ

02宿泊施設(客室内)のトイレ

point!

ホテル浴室利用時の注意点
ホテルの浴室には、シャワーが設置されていますが、使用場所はバスタブの中だけに限られています。
また、浴室の扉を開けたままで使用すると火災報知機が誤作動する原因にもなります。
シャワー使用時は、浴室の扉を必ず閉めてください。シャワーカーテンが付いて場合は、 便器まわりを濡らさないように、カーテンを閉めてシャワーをお使いください。

日本のトイレ事情トイレ内の器具の使い方

一般社団法人 日本レストルーム工業会で、トイレ操作パネルの標準ピクトグラムを策定しました。
詳しくはトイレナビ関連記事「トイレ操作パネルの標準ピクトグラムを策定しました。」をご覧ください。

01トイレの流し方

設置しているトイレによって、洗浄方法が異なります。
タンク式の場合は、タンク横のレバーハンドルで洗浄できます。
公共施設のトイレや和式トイレなどのタンクのないトイレの場合は、レバーハンドルで洗浄ができます。
また、壁面のボタンやレバー、非接触型(手をかざす)での洗浄、リモコンの洗浄ボタンによるものもあります。
最新のトイレでは、便器から立ち上がると自動で洗浄するものもあります。

レバーハンドル等のある場所

point!

日本のトイレでは、ご使用になったトイレットペーパーは、 そのまま便器の中に落とし、汚物と一緒に流してください。
※一緒に流せるのは、トイレットペーパー・前述の水に流せる ティッシュペーパーのみです。
生理用品やそれ以外のものは、トイレ内に設置されているゴミ箱に 捨ててください。
トイレの回りを確認して、後から使用される方のためにも 必ず洗浄してください。

02温水洗浄便座の使い方

温水洗浄便座を使用する際は、便座本体の側面にある操作ボタンで操作できます。
また、側面に操作ボタンがない場合は、壁面等にあるリモコンで操作ができます。
ボタンの意味は、以下の通りです。

操作部の場所

操作部イラストの意味

03トイレ擬音装置

日本では、排泄音を消したりするために、流水音を出す『擬音装置』というものがあります。トイレに入ると人を感知して自動で音が鳴り出すものと手をかざしたり、ボタンを押したりすれば音が鳴り出すものがあります。大便器の洗浄ボタンとは異なりますので、間違ったら大便器の洗浄ボタンを探してください。

04緊急呼び出しボタン

洗浄操作ボタンの近くに緊急用の呼び出しボタンが付いていることがあります。トイレ内で気分が悪くなったりした方向けの緊急呼び出しボタンですので、『呼出』の文字を見たら、緊急時以外は押さないように気をつけましょう。